七間町寄席「春風亭柳朝・蝶花楼桃花 二人会」 静岡おまちの地域寄席 第17回目 のチケット情報 (静岡市・2024/4/27(土))

2024/4/27(土)にMIRAIE リアン コミュニティーホール 七間町(静岡市)で行われる七間町寄席「春風亭柳朝・蝶花楼桃花 二人会」 静岡おまちの地域寄席 第17回目のチケット情報ページです。会場情報、開演時間や料金を確認し、七間町寄席「春風亭柳朝・蝶花楼桃花 二人会」 静岡おまちの地域寄席 第17回目のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

七間町寄席「春風亭柳朝・蝶花楼桃花 二人会」

第17回 七間町寄席「春風亭柳朝・蝶花楼桃花 二人会」

6年目を迎える七間町寄席。令和6年度1回目の4月会は柳朝師匠と桃花師匠の二人会。爽やかな春風のような高座をご期待ください。

今年度よりチケット種類を増やしました。若い方にも気軽に見てほしいという願いで25歳以下と高校生以下の割引チケットを販売します。また数量限定ですが指定席も販売します。こちらHPのみの受付となりますが、入場時に並ぶのが苦手な方はぜひご利用ください。

静岡おまちの地域寄席「七間町寄席」
千年の時を越えて人々が集い、賑わいを見せる街。それが七間町(しちけんちょう)。古くは奈良時代に「安倍の市」が立ったと云われ、江戸時代には駿河府中の東海道メインストリートとして多くの旅人が往来し活気に溢れていました。そして明治3年に完成した芝居小屋「玉川座」によって、芸能や芸術文化、エンタメの発信地として七間町は名を馳せていくことになります。大正には映写機の普及とともに活動写真が一世風靡し、昭和になると映画街に変わっていきました。昭和の最盛期にはこの界隈に27スクリーンがひしめいていたと伝えます。静岡市民にとって日々の暮らしを豊かにする大事な場所だったに違いありません。時代を経て街の姿も変化しましたが、芸能芸術文化を育んできたこの地で、そのレガシーを紡いでいくために有志によって始まったのが静岡の地域寄席「七間町寄席(愛称ななよせ)」です。

七間町寄席HP
第17回指定席受付フォーム

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。