「ラヴ・レターズ」のチケット情報

「ラヴ・レターズ」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

30年目の上演となる歴史ある作品、朗読劇『ラヴ・レターズ』で、
黒柳徹子スペシャルの上演が決定!
高橋克典、筒井道隆、吉川晃司という豪華相手役を迎え、
スペシャルな時間をお届けします。

舞台にはテーブルと二脚の椅子。
並んで座った男優と女優が、手にした台本を読み上げるだけの2時間。大掛かりな仕掛けも、目をひく照明や音響もない、このシンプルな舞台が、これほど見るものをとらえてはなさないと、誰が想像できたでしょうか。
俳優によって、観客によって、同じ作品とは思えないほど全く新しく生まれ変わる舞台。
世代、年代、個性に応じて全く新しい「ラヴ・レターズ」が誕生します。
俳優が身体的演技を行なわないゆえに、一層その声と姿に彼等の演技を超えた真情がほとばしるのを目の当たりにし、観客は新鮮な感動を分かち合うのです。

今年30年目を迎える朗読劇『ラヴ・レターズ』に、希代の舞台女優・黒柳徹子が出演することになりました。
1989年から2018年まで、「黒柳徹子主演海外コメディ・シリーズ」で比類なきコメディエンヌとして、同シリーズ32作品に出演し、その舞台女優としての魅力と力量を知らしめてきた黒柳徹子が、歴史ある朗読劇『ラヴ・レターズ』に初めて出演します。
今回、相手役を務めるのは、黒柳徹子が共演を望んだ、スペシャルな三名、高橋克典、筒井道隆、吉川晃司です。
俳優としての活躍に留まらず司会などでも人気を博す高橋克典、映画・ドラマで欠かすことの出来ない俳優の筒井道隆、アーティストとしての活躍はもちろん、俳優としても重厚な存在感を示す吉川晃司。
華も実力も兼ね備えた3人のアンディーと、黒柳徹子のメリッサが紡ぐ朗読劇の金字塔『ラヴ・レターズ』。特別な時間を約束する上演に、どうぞご期待ください。


<Story>
幼馴染のアンディーとメリッサ。自由奔放で感覚人間のメリッサ。真面目でいつも何かを書いているアンディー。思春期を迎えて彼らは一番近い異性としてお互い十分相手を意識しはじめる。しかし、ついに決定的に結ばれるチャンスを迎えた夜、二人は友達以上にはなれない自分たちを発見する。大学を出た二人はそれぞれ結婚し、まったく別の道を歩き始める。海軍を経て法曹界に入り上院議員まで登りつめるアンディー。アートの道に進んだものの行き詰まって精神的破綻をきたすメリッサ。久しぶりに再会した二人は別々に過ごした日々を取り戻すかのようだった。しかし・・・。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。