登録すると先行販売情報等が受け取れます

Karin.
News
Profile

Karin.(カリン)
2001年5月30日生まれ、シンガーソングライター。

2018年、初めて自身で曲を作り、地元のライブハウスのステージで歌い始める。
2019年6月8日、初ライブから満1年の記念日にデビューを発表、同年8月7日、ファーストアルバム「アイデンティティクライシス」をリリース。
リード曲「愛を叫んでみた」がFMラジオ局8月度のヘビーローテーションに数多く選出され、音楽リスナーの間で話題になった他、収録曲「青春脱衣所」は同年代の間で口コミが広がり、Music Videoの再生回数が公開から3ヶ月で50万再生を突破した。
12月4日、「命の使い方」を配信リリース。

2020年に入り、Spotifyの”Early Noise 2020”に選出され注目を集める。
2月12日、セカンドアルバム「メランコリックモラトリアム」をリリース。

6月からは、人生で初めてステージに立ったライブハウスで、音楽活動の原点となった茨城・水戸LIGHT HOUSEを皮切りに、名古屋と大阪で、“初ワンマンライブ&ツアー「最終章おまえは泣く」”を予定していたが、新型コロナウイルス感染症の影響により開催見送りとなる。

「みんなと同じでいること」が無意識の防衛装置になっている日々の中で、「誰かのため」ではなく「自分のため」に歌い始めた彼女の不安定に揺らぐ心模様を写した歌は、今日もどこかでそっと自分の気持ちを押し殺す、そんな少年少女の共鳴を呼ぶ。はず。

「瞳に映る」Music Video

「瞳に映る」Music Video

「この感情にはまだ名前がない」Music Video

「この感情にはまだ名前がない」Music Video

「知らない言葉を愛せない」Music Video

「知らない言葉を愛せない」Music Video

「命の使い方」Music Video

「命の使い方」Music Video

「愛を叫んでみた」Music Video

「愛を叫んでみた」Music Video

「青春脱衣所」Music Video

「青春脱衣所」Music Video

Pickup News

特集記事

2020.8.21

Karin.

Karin.インタビュー 高校卒業やコロナ自粛下での楽曲制作――変化と壁を越え生まれた最新作を語る

前作『君が生きる街 - ep』からわずか3カ月のインターバルで、新作が届く。いろいろな意味で不自由を余儀なくされている今の状況にあって、「今の自分にできることは曲を作ること」と語るKarin.は、様々な葛藤を抱えながらも自分の気持ちを言葉に刻み、音楽化してみせる。以前にも増して、音楽家としての自意識を明確にした彼女の今を語ってもらおう。

Release Info

Karin.の関連ライブ・コンサートのチケット

会場を指定して絞り込む

該当する公演はありませんでした。