『桜の園』(さくらのその、ロシア語: Вишнёвый сад)は、ロシアの劇作家アントン・チェーホフによる最晩年の戯曲。チェーホフ42歳の1902年夏に着想され、1903年秋に書き上げられた。初演は1904年1月17日、モスクワ芸術座によって上演された。チェーホフはこれを喜劇と主張したが、スタニスラフスキーは真面目な劇と主張した。最後の劇作品で、『かもめ』、『ワーニャ伯父さん』、『三人姉妹』とと…

登録すると先行販売情報等が受け取れます

桜の園の関連舞台・公演のチケット

会場を指定して絞り込む

該当する公演はありませんでした。