シネマ歌舞伎(シネマかぶき、Cinema Kabuki)とは、松竹株式会社が制作する映像作品の名称である。シネマ歌舞伎は、歌舞伎の舞台公演を高性能カメラで撮影しスクリーンで上映する手法であり、2005年1月、最初の作品である『野田版 鼠小僧』(作・演出:野田秀樹、2003年8月歌舞伎座にて上演)が東京・東劇で公開された。シネマ歌舞伎の役割は、歌舞伎座改築後の1年間の観客の8割は40代以上であるため…

登録すると先行販売情報等が受け取れます

シネマ歌舞伎のチケット一覧

種別

会場を指定して絞り込む

該当する公演はありませんでした。