1972年生まれ。二世能村祐丞の長男。野村萬及び故八世万蔵、九世万蔵、父に師事。1992年「奈須与市語」、1994年「面箱」、1997年「三番叟」、2003年「金岡」、2009年「釣狐」を披く。東京の舞台を中心に、海外公演にも多数参加。ワークショップや学生向けの公演なども積極的に行う。能楽協会会員。

登録すると先行販売情報等が受け取れます

能村晶人の関連舞台・公演のチケット

チケット情報2件を、開催が近い順に表示しています。