1930年生まれ。日本を代表する狂言の第一人者として、1997年重要無形文化財個人指定(人間国宝)の名誉を受ける。2001年に日本芸術院会員、2008年に文化功労者となる。世阿弥の唱えた「舞歌」と「物真似」を両立させ、正統派の狂言を確立。その品格は他の追随を許さない。現在も多くの舞台で活躍する傍ら、後進の育成にも力を注ぐ。(公社)能楽協会顧問。(公社)日本芸能実演家団体協議会会長。名誉都民。

登録すると先行販売情報等が受け取れます

野村萬の関連舞台・公演のチケット

チケット情報1件を、開催が近い順に表示しています。