1890年6月5日生まれ。東京都出身。1975年9月21日死去。1908年頃入門。八代目桂文楽とともに昭和の名人と讃えられる。「ぞろっぺ」と評された融通無碍の芸風で若いときから、呑む、打つ、買うの三道楽を存分にやり、加えて貧乏と奇行がからみ、おかしくも悲しいエピソードがあまりにも有名。持ちネタは数多く、六代目圓生と並んで双璧といわれた。中でも長屋ものや廓噺は生活と体験が滲み出てなんとも言えぬ滑稽味続きを読む

登録すると先行販売情報等が受け取れます

古今亭志ん五の関連舞台・公演のチケット

会場を指定して絞り込む

該当する公演はありませんでした。