1980年、米国フィラデルフィア生まれのヴァイオリニスト。ヴァイオリニストの父と作曲家の母の間に生まれた韓国系二世。6歳からジュリアード音楽院でドロシー・ディレイとヒュー・カンに師事、8歳でズービン・メータ指揮ニューヨーク・フィルとパガニーニの協奏曲を演奏し、センセーショナルな成功を収めた。10代半ばで世界の主要オーケストラとの共演を果たし、1999年にはエイヴリー・フィッシャー賞を受けるなど、高続きを読む

登録すると先行販売情報等が受け取れます

ジュリアード入学は6歳、メータ指揮ニューヨーク・フィルとのデビューを果たしたのが8歳。そして、10歳でハイフェッツの持つCDリリース最年少記録を更新した天才少女。13歳で大ヴァイオリニスト、メニューインに「最も完成され、最も理想的なヴァイオリニスト」と評された彼女は、世界の檜舞台にデビューしてからすでに30年が経ち、今なお活躍し続けながら、2018年4月、イギリスの人気ラジオ番組「Classic FM」に「世界最高のヴァイオリニスト25 名」に選ばれました。その演奏に今は深い精神性をもって磨きをかけて充実の時を迎えています。
2017年9年ぶりの来日リサイタルでは、これまでの超絶技巧に更に磨きがかけられただけでなく、自身の成熟した精神力が加わり、聴く人すべてを魅了し、大絶賛を博しました。翌年の再来日では「2つの四季」をテーマに、ヴィヴァルディとピアソラの名曲をN響のメンバーによる弦楽五重奏と共演し、圧巻の演奏を繰り広げ、見事に大成功を収めました。
2019年で3年連続の来日を果たし、待望のソロリサイタルを開催します「。すべてのレパートリーを完璧に磨き上げられるまでに決して公で演奏しない」と言うサラ・チャンですが、今回は自身による選曲で名曲の数々を聴かせま す。卓越した技巧に洗練された芸術性を兼ね備えた彼女の、魂を揺さぶる素晴らしい演奏にご期待ください。

サラ・チャンのチケット一覧

該当する公演はありませんでした。