クラウス・シュルツェ(Klaus Schulze、1947年8月4日 - )は、ドイツ・ベルリン出身の作曲家。主にシンセサイザーやシーケンサーを使用したミニマルかつ大作的な楽曲で知られる。分類的にはプログレッシブ・ロックの延長線上の電子音楽、クラウトロックとも見なされるが、後のテクノ(「テクノポップ」ではなく)やエレクトロニカ、アンビエント・ミュージック(環境音楽)、1988年発表の『エン・トラン…

登録すると先行販売情報等が受け取れます

Klaus Schulzeの関連ライブ・コンサートのチケット

会場を指定して絞り込む

該当する公演はありませんでした。