アコースティック・ギター、ベース、リズムマシーンによるドラム、変幻自在に音色を変えるヴォイス、そしてヴォーカルという5つのパートをすべてひとりで演奏。しかもサンプラーやループを使うことによって、巧みに音を重ね、ステージでもたったひとりでジャムをプレイする姿は、ケラー・ウィリアムスが独自で考案・熟練したオリジナルなスタイルといえる。

登録すると先行販売情報等が受け取れます

Keller Williams(ケラー・ウィリアムス)のコンサートチケット情報

該当する公演はありませんでした。