5代目 桂 文枝(かつら ぶんし、1930年4月12日 - 2005年3月12日)は上方噺家(上方の落語家)。本名は長谷川(はせがわ) 多持(たもつ)。6代目笑福亭松鶴、3代目桂米朝、3代目桂春団治と並び、昭和の「上方落語の四天王」と言われ、衰退していた上方落語界の復興を支えた。

登録すると先行販売情報等が受け取れます

桂文枝の関連舞台・公演のチケット

会場を指定して絞り込む

該当する公演はありませんでした。