劇団離風霊船(げきだんりぶれせん)は日本の劇団。主宰は大橋泰彦と伊東由美子。1983年、伊東が大橋に劇団結成を持ち掛け、この2人を中心に結成された。劇団名の由来は、スペイン語の「自由」を意味する「リブレ」に漢字を当て、伊東が「最後に船をつけたい」と希望したことからこの名前になった。1986年、前年に起こった日航機墜落事故を元にして、大橋の作・演出による『赤い鳥逃げた…』を上演、代表作のひとつとなる…

登録すると先行販売情報等が受け取れます

劇団離風霊船の関連舞台・公演のチケット

会場を指定して絞り込む

該当する公演はありませんでした。