1982年、「高校演劇の寵児」と呼ばれ、当時早稲田大学の学生だった作家・演出家の横内謙介が、俳優の岡森諦、六角精児などと共に旗揚げ。当時の劇団名は「善人会議」。横内作のドラマティックな物語と、個性的な役者たちの演技が生み出す「観やすい! 楽しい! 分かりやすい!」舞台で人気を博す。87年に紀伊國屋ホール初進出を果たし、以降主に中劇場クラスの小屋で公演を行う。1992年『愚者には見えないラマンチャの続きを読む

登録すると先行販売情報等が受け取れます

劇団扉座の関連舞台・公演のチケット

会場を指定して絞り込む

該当する公演はありませんでした。