天野 天街(あまの てんがい、1960年5月20日 - )は、日本の劇作家、演出家。愛知県一宮市出身。wikipediaで続きを読む

登録すると先行販売情報等が受け取れます

ひまわりホール・愛知人形劇センター30周年特別企画 ITOプロジェクト公演 「高丘親王航海記」

イープラス半館貸切

2019年11月3日(日) 19:00~

幻想小説「高丘親王航海記」
人形劇が再び-。

関西に拠点を置く糸あやつり人形劇団の有志たちが、劇団の枠を超えて一つの作品を作り上げる「ITOプロジェクト」。
昨年に続き、澁澤龍彦原作、天野天街演出で「高丘親王航海記」を愛知人形劇センター30周年特別企画として再演が決定。澁澤龍彦の集大成と言える幻想小説を、高い技術力によって見事に立体化する。

ストーリー

貞観七(865)年正月、高丘親王は唐の広州から海路天竺へ向った。
幼少期から父・平城帝の寵姫・藤原薬子に天竺への夢を吹きこまれた親王は、エクゾティシズムの徒と化していたのだ。鳥の下半身をした女、犬頭人の国など、怪奇と幻想の世界を遍歴した親王が、旅に病んで考えたことは…。澁澤龍彦の遺作となった読売文学賞受賞作。

公演&会場

愛知県芸術劇場小ホール 
※ひまわりホールではございません。ご注意ください。

・日程
11月2日(土)19時
11月3日(日)14時/19時
11月4日(月・休)14時

イープラス貸切公演:
2019年11月3日(日)19:00~

・チケット料金
前売:3,500円/当日:4,000円

主催:特定非営利活動法人愛知人形劇センター

イープラス半館貸切

2019年11月3日(日) 19:00~

特集記事

2018.3.26 SPICE

天野天街&山田俊彦が語る、ITOプロジェクト『高丘親王航海記』【スペシャル連載Vol.1】

関西に拠点を置く糸あやつり人形劇団の有志たちが、劇団の枠を超えて一つの作品を作り上げる「ITOプロジェクト」。中でも「少年王者舘」の天野天街を招き、2004年に発表した『平太郎化物日記(以下平太郎)』は…

2018.3.26 SPICE

ITOプロジェクト『高丘親王航海記』、糸あやつり人形の創作と操作の秘密に迫る【スペシャル連載Vol.2】

ITOプロジェクト『高丘親王航海記(以下高丘)』スペシャル連載の第二弾は、糸あやつり人形の仕組みと、その製作&操作の課程にスポットを当てる。ITOプロジェクトは、日本を代表する糸あやつり人形遣いの一人である飯室康一(糸あやつり人形劇団みのむし)を始め…

2018.4.3 SPICE

公演間近! ITOプロジェクト『高丘親王航海記』初の通し稽古をレポート【スペシャル連載Vol.3】

4月5日に初演の幕を開ける、ITOプロジェクト(以下ITO)の糸あやつり人形芝居の新作『高丘親王航海記(以下高丘)』。SPICEではこの公演を猛プッシュすべく、全3回の連載を企画した。脚本・演出の天野天街(少年王者舘)&人形製作・出演の山田俊彦(人形劇団ココン)に…

イープラス半館貸切

2019年11月3日(日) 19:00~

天野天街の舞台・公演チケット情報

舞台・公演チケット情報1件を、開催が近い順に表示しています。

天野天街の過去の舞台・公演情報

過去2年間に行われた舞台・公演を開催が近い順に表示しています。
(イープラスで取り扱いのあった舞台・公演のみ)

2019/5/26(日)

新国立劇場の演劇 少年王者舘「1001」

新国立劇場 小劇場(東京都)

開演:13:00~(開場:12:30~)

2019/5/25(土)

先着新国立劇場の演劇 少年王者舘「1001」

新国立劇場 小劇場(東京都)

開演:13:00~(開場:12:30~)

2019/5/25(土)

先着新国立劇場の演劇 少年王者舘「1001」 <e+貸切公演>

新国立劇場 小劇場(東京都)

開演:18:00~(開場:17:30~)

2019/5/24(金)

先着新国立劇場の演劇 少年王者舘「1001」

新国立劇場 小劇場(東京都)

開演:14:00~(開場:13:30~)

2019/5/24(金)

先着新国立劇場の演劇 少年王者舘「1001」

新国立劇場 小劇場(東京都)

開演:19:00~(開場:18:30~)