登録すると先行販売情報等が受け取れます

パリ・オペラ座バレエ団 厳格な伝統と、エレガンスの極みが、星々を輝かせるバレエの殿堂。 パリ・オペラ座バレエ団 厳格な伝統と、エレガンスの極みが、星々を輝かせるバレエの殿堂。

輝かしい歴史と洗練された舞台でバレエ界に君臨するパリ・オペラ座バレエ団が、3年ぶりに来日します。バレエを愛した国王ルイ14世によって創設されてから359年(※2020年時)となる、世界最古の歴史をもつパリ・オペラ座バレエ団は、ゆるぎない伝統と絶え間ない革新により世界のトップを走り続けています。

この最高峰のバレエ団は、カリスマ的なエトワールだったオレリー・デュポンが2017年に芸術監督に就任し、新たな時代を迎えています。デュポンが新たに抜擢し、育てつつあるエトワールや若手たちをともなって、彼女の就任後2度目の日本公演が実現することになりました。

今回の公演で上演されるのは、19世紀にパリ・オペラ座バレエ団によって初演されたロマンティック・バレエの名作「ジゼル」。そして、20世紀の物語バレエの天才振付家ジョン・クランコが創作し、観客はもちろんダンサーたちが踊ることを夢見る傑作「オネーギン」。「オネーギン」が、クランコを創設者とするシュツットガルト・バレエ団以外の外来バレエ団によって日本で上演されるのは初めてのことになります。伝統を担う若きバレエ・エリートたちの華やかな競演に、どうぞご期待ください。

<S~E席>一般発売
10/19(土)10:00~

「ジゼル」の受付はこちら

「オネーギン」の受付はこちら

『ジゼル』
GISELLE
(全2幕)

パリ・オペラ座で初演された、
ロマンティック・バレエの名作

ぶどう栽培を営む村。母親とともに暮らす娘ジゼルは、ある若者──じつはシレジア公爵アルブレヒトと恋に落ちている。ジゼルは踊ることが何より好きだが、母親は心臓の弱いジゼルの体を心配し、「そんなに踊っていると、ウィリになってしまうよ」と言ってやめさせる。そんなとき、貴族の一行が狩の休息にやってくる。その中に婚約者バティルドの姿を見たアルブレヒトは身を隠すが、ジゼルを慕う森番ヒラリオンがアルブレヒトの正体をあばく。真実を知ったジゼルは正気を失って息絶える。

夜。妖気漂う森の中で、ウィリとなったジゼルが墓から現れる。深い悔恨の思いで墓を訪れたアルブレヒトは、いまやジゼルの仲間である、魔性のウィリたちに捕まるが…。

会 場
東京文化会館(上野)
演 奏
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
日 程
2月27日(木)19:00
ジゼル:ドロテ・ジルベール / アルブレヒト:マチュー・ガニオ / ミルタ:オニール八菜
2月28日(金)19:00
ジゼル:レオノール・ボラック / アルブレヒト:ジェルマン・ルーヴェ / ミルタ:オニール八菜
2月29日(土)13:00
ジゼル:アマンディーヌ・アルビッソン / アルブレヒト:ユーゴ・マルシャン / ミルタ:オニール八菜
2月29日(土)18:00
ジゼル:ドロテ・ジルベール / アルブレヒト:マチュー・ガニオ / ミルタ:オニール八菜
3月1日(日)15:00
ジゼル:レオノール・ボラック / アルブレヒト:ジェルマン・ルーヴェ / ミルタ:オニール八菜
芸術監督
オレリー・デュポン
音楽
アドルフ・アダン
振付
ジャン・コラーリ、ジュール・ペロー
演出
パトリス・バール/ユージン・ポリャコフ
装置・衣裳
アレクサンドル・ブノワ
装置(製作)
シルヴァノ・マッティ
衣裳(製作)
クローディ・ガスティーヌ

「ジゼル」の受付はこちら

『オネーギン』
ONEGIN
(全3幕)

心にしみわたる感動!
ドラマティック・バレエの傑作をオペラ座が日本初演

田舎の地主の娘タチヤーナは、帝都育ちの洗練された青年オネーギンに憧れ、恋文をしたためる。いっぽう若くして人生に飽いたオネーギンは一途なタチヤーナの愛を疎んじ、友人レンスキーをつまらぬ諍いから決闘で殺して失意のうちに去る。

数年後、将軍の妻となったタチヤーナとオネーギンが再会。オネーギンはタチヤーナの気高い美しさに心を打たれ、熱烈に求愛。しかし胸に恋心を残しながらも人妻としての矜持を失わないタチヤーナは、これを拒絶する。

会 場
東京文化会館(上野)
演 奏
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
日 程
3月5日(木)19:00
オネーギン:マチュー・ガニオ / タチヤーナ:アマンディーヌ・アルビッソン
オリガ:レオノール・ボラック / レンスキー:ジェルマン・ルーヴェ
3月6日(金)19:00
オネーギン:ユーゴ・マルシャン / タチヤーナ:ドロテ・ジルベール
オリガ:ナイス・デュボスク / レンスキー:ポール・マルク
3月7日(土)13:00
オネーギン:マチュー・ガニオ / タチヤーナ:アマンディーヌ・アルビッソン
オリガ:レオノール・ボラック / レンスキー:ジェルマン・ルーヴェ
3月7日(土)18:00
オネーギン:ユーゴ・マルシャン / タチヤーナ:ドロテ・ジルベール
オリガ:ナイス・デュボスク / レンスキー:ポール・マルク
3月8日(日)15:00
オネーギン:マチュー・ガニオ / タチヤーナ:アマンディーヌ・アルビッソン
オリガ:レオノール・ボラック / レンスキー:ジェルマン・ルーヴェ
芸術監督
オレリー・デュポン
音楽
ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
編曲
クルト=ハインツ・シュトルツェ
装置・衣裳
ユルゲン・ローゼ

「オネーギン」の受付はこちら

チケット料金

S席
¥26,000
A席
¥23,000
B席
¥20,000
C席
¥17,000
D席
¥13,000
E席
¥9,000

<S~E席>一般発売
10/19(土)10:00~

「ジゼル」の受付はこちら

「オネーギン」の受付はこちら

パリ・オペラ座バレエ団のチケット一覧

チケット情報10件を、開催が近い順に表示しています。

地域で絞り込む

会場を指定して絞り込む

2020/2/27(木)

先着パリ・オペラ座バレエ団「ジゼル」/<S~E席>一般発売

東京文化会館大ホール(東京都)

開演:19:00~(開場:18:20~)

2020/2/28(金)

先着パリ・オペラ座バレエ団「ジゼル」/<S~E席>一般発売

東京文化会館大ホール(東京都)

開演:19:00~(開場:18:20~)

2020/2/29(土)

先着パリ・オペラ座バレエ団「ジゼル」/<S~E席>一般発売

東京文化会館大ホール(東京都)

開演:13:00~(開場:12:20~)

2020/2/29(土)

先着パリ・オペラ座バレエ団「ジゼル」/<S~E席>一般発売

東京文化会館大ホール(東京都)

開演:18:00~(開場:17:20~)

2020/3/1(日)

先着パリ・オペラ座バレエ団「ジゼル」/<S~E席>一般発売

東京文化会館大ホール(東京都)

開演:15:00~(開場:14:20~)