平田 オリザ(ひらた オリザ、男性、1962年11月8日 - )は、日本の劇作家、演出家、劇団「青年団」主宰、こまばアゴラ劇場支配人。戯曲の代表作に『東京ノート』『ソウル市民』三部作など。小説『幕が上がる』は2015年に映画化され、第70回毎日映画コンクール(TSUTAYA映画ファン賞日本映画部門)などを受賞。現代口語演劇理論の提唱者であり、自然な会話とやりとりで進行していく「静かな演劇」の作劇術…

登録すると先行販売情報等が受け取れます

平田オリザの関連舞台・公演のチケット

会場を指定して絞り込む

該当する公演はありませんでした。