登録すると先行販売情報等が受け取れます

シス・カンパニー公演 ザ・ウェルキン

シス・カンパニー公演
ザ・ウェルキン

イントロダクション

作:ルーシー・カークウッド × 演出:加藤拓也

12人の女性の手に委ねられた少女の命。
大胆かつスリリングに!残酷なほど正直に!
女性たちは自分自身と少女に向き合っていく。
真実なのか、虚偽なのか…。
すべては頭上に広がる「天空」が知っている…

英国の若手劇作家ルーシー・カークウッドの新作として、 コロナ禍直前の2020年1月末に英国ナショナルシアターにて開幕。 ロックダウンで中止になるまでの限られた上演でしたが、 サスペンスフルに展開する物語は大喝采を浴びました。 一人の殺人犯の少女と、陪審員となった市井の12人の女性たち。 猥雑で力強いエネルギーと笑いにも彩られながら、 男性支配社会に生きた18世紀半ばの女性たちの姿が浮き彫りに…。 気鋭の加藤拓也が初の翻訳戯曲演出に挑み、卓越した力を誇る俳優陣が激突! 演劇ならではの魅力に溢れた時間をお届けします!

ストーリー

1759年、英国の東部サフォークの田舎町。
人々が75年に一度天空に舞い戻ってくるという彗星を待ちわびる中、 一人の少女サリー(大原櫻子)が殺人罪で絞首刑を宣告される。
しかし、彼女は妊娠を主張。妊娠している罪人は死刑だけは免れることができるのだ。
その真偽を判定するため、妊娠経験のある12人の女性たちが陪審員として集められた。
これまで21人の出産を経験した者、流産ばかりで子供がいない者、早く結論を出して家事に戻りたい者、生死を決める審議への参加に戸惑う者など、その顔ぶれはさまざま。
その中に、なんとかサリーに公正な扱いを受けさせようと心を砕く助産婦エリザベス(吉田羊)の姿があった。
サリーは本当に妊娠しているのか? それとも死刑から逃れようと嘘をついているのか?
なぜエリザベスは、殺人犯サリーを助けようとしているのか…。
法廷の外では、血に飢えた暴徒が処刑を求める雄叫びを上げ、そして…。

キャスト・スタッフ

【出演】
吉田羊 大原櫻子
鷲尾真知子 梅沢昌代 那須佐代子 峯村リエ 明星真由美 那須凜 西尾まり 豊田エリー 土井ケイト 富山えり子 恒松祐里 土屋佑壱 田村健太郎 他

【作】ルーシー・カークウッド
【演出】加藤拓也

公演情報

【東京公演】
2022年7月7日(木)~7月31日(日) Bunkamuraシアターコクーン

【大阪公演】
2022年8月3日(水)~8月7日(日) 森ノ宮ピロティホール

シス・カンパニー公演『ザ・ウェルキン』の関連舞台・公演のチケット

チケット情報35件を、開催が近い順に表示しています。

種別
地域

会場を指定して絞り込む

2022/7/7(木)

先着ザ・ウェルキン

Bunkamura シアターコクーン(東京都)

開演:18:30~(開場:17:45~)

2022/7/8(金)

先着ザ・ウェルキン

Bunkamura シアターコクーン(東京都)

開演:18:30~(開場:17:45~)

2022/7/9(土)

先着ザ・ウェルキン

Bunkamura シアターコクーン(東京都)

開演:13:30~(開場:12:45~)

2022/7/9(土)

先着ザ・ウェルキン

Bunkamura シアターコクーン(東京都)

開演:18:30~(開場:17:45~)

2022/7/11(月)

先着ザ・ウェルキン

Bunkamura シアターコクーン(東京都)

開演:13:30~(開場:12:45~)