能を知る会 東京公演「鞍馬天狗」のチケット情報

能を知る会 東京公演「鞍馬天狗」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

能を知る会 東京公演「鞍馬天狗」

 2023年9月23日土曜日、能を知る会東京公演は、牛若丸が活躍する名曲、「鞍馬天狗」を上演致します。前半は稚児達が花見を楽しむ賑やかな場面となっております。従者である能力【のうりき】の舞も見所です。前半の中途からは牛若丸と、山伏が鞍馬山にふたりで残り桜を楽しむ風情のある場面。後半になりますと、山伏が天狗の姿となって牛若丸の前に現れ、兵法を伝える、という曲です。後の源平合戦で大活躍をする義経、そのルーツとなる曲となっております。
狂言は野村萬斎師による、寺の若者が師の教えを曲解して滑稽に振る舞う、「重喜」を上演予定です。
 冒頭には古典芸能解説者の葛西聖司氏による、能のお話しも御座います。
 また能には、前方2箇所に据え置いたスクリーンに、現代語訳の字幕を映し出し、初めて能を見る方にも分かり易い公演となっております。

鞍馬天狗【くらまてんぐ/Kuramatengu】
鞍馬山東谷の僧(ワキ)は西谷の招きにより、平家の稚児たち(子方)や牛若丸[=沙那王](前子方)を連れて花見に出かけた。見事な満開の桜を眺めていると、見知らぬ山伏(前シテ)が割って入る。能力【のうりき】(アイ)が追っ立てようとするが、僧はたしなめ、牛若丸以外の稚児を連れて帰路に着く。山伏は、源氏の牛若丸が平家の稚児たちの中にいる境遇を憐れみ、方々の桜の名所を見せて回る。鞍馬山に戻ると山伏は、我こそが僧正ヶ谷の大天狗だと告げる。そして、兵法の大事を伝授する為、明日も来るよう言い残し飛び去る。(中入)翌日、牛若丸(後子方)が約束通り待っていると、大天狗(後シテ)が現れる。大天狗は唐土の張良の故事を聞かせた後、平家を滅ぼす為の秘伝を余すことなく伝える。さらに、将来を守護することを約束し、消え失せるのであった。

重喜【じゅうき/Juuki】
 住持(住職)が、新歩意【しんぽち】(仏門に入って間もない者)の重喜【じゅうき】に頭を剃らせることにする。住持が剃刀の切れ味を確かめようと手にあてていると、重喜がぶつかってしまう。「弟子七尺去って師の影を踏まず。」、とたしなめられた重喜は、その教えを曲解して長い杖の先に剃刀をつけて、師の影を踏まないように髪を剃ろうとする。すると・・・。

鎌倉能舞台「鞍馬天狗」

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。