立川市民オペラ2023 マスカーニ作曲 歌劇 カヴァレリア・ルスティカーナ&管弦楽が奏でるヴェリズモオペラ のチケット情報 (東京都・2023/3/18(土))

2023/3/18(土)にたましんRISURU(立川市市民会館)大ホール(東京都)で行われる立川市民オペラ2023 マスカーニ作曲 歌劇 カヴァレリア・ルスティカーナ&管弦楽が奏でるヴェリズモオペラのチケット情報ページです。会場情報、開演時間や料金を確認し、立川市民オペラ2023 マスカーニ作曲 歌劇 カヴァレリア・ルスティカーナ&管弦楽が奏でるヴェリズモオペラのチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

立川市民オペラ2023 マスカーニ作曲 歌劇

―合唱、管弦楽と歌手で作り上げる壮大な音楽、現実社会の魂の叫び―
19世紀末~20世紀初頭にイタリアで一時代を築いた「ヴェリズモオペラ」は、市井の民衆が主役となり、日常生活の出来事が主題となる現実主義の物語。
その代表作と言われるマスカーニ作曲『カヴァレリア・ルスティカーナ』全幕を中心に、ヴェリズモの音楽をセミ・ステージ形式でお届けします。

 150年前、シチリア島の長閑な村を舞台に、三角関係から発展した殺人事件。青い空と海、眩しい太陽が降り注ぐ田舎の村。そこでも二千年近く続くキリスト教の敬虔な教えは根付き、村人たちは働き、歌い、飲み、祈り、今年も復活祭の朝を迎えた。戦争から戻ったトゥリッドゥは、留守中に他の男と結婚したローラをあきらめきれなかった。ローラもまた…二人の忘れかけた恋の炎は激しく再燃。しかしトゥリッドゥは「恋の炎」を忘れるためにサントゥッツァという新しい恋人を作っていた。サントゥッツァが泣いてすがって、捨てないでと哀願しても、罵倒してローラに走るトゥリッドゥ…母親ルチアと別れを交わし、サントゥッツァを託した後、決闘の末、復讐に燃えたローラの夫アルフィオに殺される。
 ヴェリズモオペラの主人公は神話の神でも、英雄でも、王や貴族でもなく、普通の人間達。ヴェリズモ(現実主義)は、普通の日常の中で、人間の直情的な行動を劇的に描いた、まさに古今東西の「あるある」話。
 愛や嫉妬、怒りや葛藤のスペクタクルを筋書きと音楽で描き出した「田舎の騎士道(カヴァレリア・ルスティカーナ)」は、その代表作の一つだ。

公演公式ページ(立川市地域文化振興財団ホームページ)
立川市民オペラの会ホームページ

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。