高須博ピアノリサイタル2022名古屋のチケット情報

高須博ピアノリサイタル2022名古屋のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

高須博ピアノリサイタル2022名古屋

Takasu Hiroshi Piano Recital 2022 名古屋公演
高須博たかすひろしピアノ 卓越した技巧と感性、澄み切った知性で聴衆のすべてを圧倒して来た高須博が、バロックとリストの世界に挑む。

高須博ピアニスト 名古屋市出身。
1983年昭和音楽短期大学特別賞を受賞して卒業。神奈川新人演奏会出演。84年、同専攻科学長賞を受賞して修了。読売新人演奏会に出演。在学中、田中園子教授に師事。

85年よりイタリア留学。87年、イタリア、ローマのサンタ・チェチリア国立音楽院名誉賞を受賞し首席で卒業。在学中,セルジオ・ペルティカローリ教授に師事。在学中からローマでテレビ出演するなどイタリア各地で精力的な演奏活動を行う。

87年ランチャーノ国際ピアノコンクール優勝、カタンザーロ国際ピアノコンクール4位ディプロマ、88年、F・ネリア国際音楽コンクールピアノ部門本選ディプロマ、89年、トゥラーニ国際ピアノコンクールでD・サッロ特別賞受賞などその実力にふさわしい名誉は枚挙にいとまがない。

90年に帰国。東京と名古屋にてオール・リスト・プログラムのリサイタルで国内デビュー、そのスケールの大きさと卓越した技巧と音楽性に溢れた演奏には各方面から絶賛の声が寄せられる。以降、現在に至るまで昭和音楽大学にて後進の指導にあたるかたわらローマの夏期国際音楽祭に毎年招聘されるなどその国際的な演奏活動は日本有数のリスト演奏家として、また超絶技巧トランスクリプションの最高峰としての地位を揺るぎない物としている。国内外のオーケストラとの共演も多い。
97年名古屋市芸術奨励賞受賞。2002年にはワーグナー編曲によるベートーヴェンの第九全楽章(ピアノ版)をソロと合唱を指揮しながらの日本公開初演に成功。

芸術協会会員。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。