日本全国能楽キャラバン!in神奈川「江野島」のチケット情報

日本全国能楽キャラバン!in神奈川「江野島」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

日本全国能楽キャラバン!in神奈川「江野島」

2023年1月5日木曜日日本全国能楽キャラバン!in神奈川は、日本でも有数の観光地「江ノ島」を舞台にし、江ノ島の神話をもとにした「江野島」を上演致します。『日本全国 能楽キャラバン!』は文化芸術の重要性や魅力を発信し、体感して頂くことにより、コロナ禍の萎縮効果を乗り越え、地域の文化芸術の振興を推進する目的で開催されます。
「江野島」は深沢に住むとされる龍神と、天より遣わされた弁才天の物語で、弁才天の華やかな舞と勇猛な龍神の舞が見所となっております。
 狂言は野村萬斎師による「鐘の音」を上演致します。こちらは鎌倉縁の名曲で、「金の値」を「鐘の音」と聞き違った事による面白おかしい演目となっております。
 冒頭には古典芸能解説者の葛西聖司氏による解説も御座います。
能は、前方スクリーンにて現代語訳を投影しまして、より理解を深めることの出来る公演となっております。

江野島【えのしま/Enoshima】
 六世紀、欽明天皇の御代治世下にて、相模国にて突如として島が出現したという報を受け、勅使一行(ワキ・ワキツレ)は現地へと赴いた。到着し、漁翁(前シテ)と若い漁師(前ツレ)を見つけた勅使達はふたりに声をかけ、島について尋ねる。漁翁は、島の出来た経緯を勅使に語り、神々の手によって島が形作られた奇跡は天皇の善政によるものだと述べる。さらに漁翁は、龍口の明神についての物語も語って聞かせた後、自らがその明神の化身であると告げ、消え失せる。(中入)勅使のもとへ弁才天から遣わされた島に住む鵜ノ精が現れ、舞を舞って一行をもてなす。夜となり、月下に神秘的な様相を表す江ノ島の神殿の奥から、眷属の童子(子方)を連れた弁才天(後ツレ)が現れる。弁才天は如意宝珠を授けた後、舞楽を奏で、神々しい舞を舞う。やがて波風が荒くなり、あたりが黒雲に覆われると、威風堂々とした五頭龍王(後シテ)が現れる。今は国土守護の龍口明神となった龍王は、弁才天とともに国土安穏を勅使達へ約束する。やがて弁才天達は紫雲に乗り、龍神は島を飛び回って霊験を示すのであった。

鐘の音 【かねのね/Kanenone】
  黄金の太刀を作らせようと、主人は太郎冠者に「金の値」を聞いてくるよう命ずる。冠者は早速鎌倉へ出かけ、寺々を巡り、「鐘の音」を聞き比べて帰ってくる。冠者が主人に、聞き分けた各寺の鐘の音色を声で伝えると、主人は怒り出す。困った冠者の言い分は…。

鎌倉能舞台「江野島」
能楽協会【能楽キャラバン】特設ページ

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。