スキヤキ・オキナワ2022 <那覇篇>のチケット情報

スキヤキ・オキナワ2022 <那覇篇>のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

スキヤキ・オキナワ2022 <那覇篇>

カナダの鬼才が沖縄初上陸!

30年に渡り富山県南砺市で開催されている、日本を代表するワールドミュージックのイベント「SUKIYAKI MEETS THE WORLD」。このフェスティバルのエクスパンション企画として、2015年から始まった「SUKIYAKI OKINAWA(スキヤキ・オキナワ)」を、コロナ禍を経てフルスペック開催。

那覇篇には、カナダ・ケベックのアーティスト、KLO PELGAG/クロ・ペルガグが登場。ビヨークら個性的な女性ヴォーカルのDNAを受け継ぐ歌声、奇天烈でありながらも美しく収束する編曲構成、かぶり物や不気味なステージ装置をバックにその小さな身体が放つ佇まいは、まるで彼女自体が音楽そのものでできているかのような印象を与える。2017年の初来日時には強烈な印象を残し、今回、沖縄初上陸となる。

沖縄からは、比屋定篤子 with クニモンド瀧口+宮田まこと が出演。
比屋定篤子は、ブラジル音楽や1970年代のJ-POPクラシックの影響を受けたシンガーソングライター。郷愁感に満ちた歌声は広く愛されている。また近年、シティ・ポップスの流行などもあり、再評価の機運も。
クニモンド瀧口は”流線形”のメンバーとして、また近年の日本のシティポップ・リバイバルの立役者の一人として活躍中。2009年には、流線形 with 比屋定篤子でアルバム「NATURAL WOMAN」を発表している。
今回は、比屋定の沖縄での音楽的パートナーである宮田まことも参加。宮田は、 ブラジル、アフリカ、ラテン音楽等の影響を受け、ナチュラルでシンプルなサウンドを、生楽器で暖かく表現する。

ケベックと沖縄、個性に満ちた両者の共演をお楽しみください。

桜坂劇場
スキヤキ・オキナワ Facebookページ

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。