能を知る会 東京公演「安宅」のチケット情報

能を知る会 東京公演「安宅」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

能を知る会 東京公演「安宅」

2022年9月能を知る会東京公演は、歌舞伎の「勧進帳」の題材ともなった源義経の逃避行を描いた名曲「安宅」を上演致します。兄頼朝と不仲となり、追っ手がかかった義経一行。四国に逃げることは叶わず、吉野山に逃げ込むも追い立てられる。窮した一行は奥州藤原氏を頼るために北に逃げることにする。その道中、石川県小松の近くにたてられた“安宅の関”を突破するために知恵を絞り、見事突破する場面を題材としております。山伏問答、勧進帳、酒宴の舞と見所の多い名曲です。
狂言は、野村萬斎師による名曲「今参」を上演致します。大名、と新参者の秀句(【しゅうく】:だじゃれ)を主とした面白おかしいやりとりが見所です。
公演の最初には古典芸能解説者の葛西聖司氏による見所解説もございます。
能にはわかりやすい字幕解説を備え付けのスクリーンに映し出し、初心者でも楽しめる公演となっております。

安宅【あたか/Ataka】
 平家滅亡の後、兄・頼朝と不仲になった源義経(子方)は、弁慶(シテ)、その他家臣(ツレ・同山【どうやま】)と共に山伏の姿となり、奥州へと向かった。一方、頼朝は関所を造り、山伏を厳しく取調べさせた。義経一行が加賀国安宅湊に差し掛かった所、関守富樫(ワキ)が通行を阻む。そこで弁慶は、南都東大寺再建の為に寄進を募っている山伏だと弁じ、巻物を本当の勧進帳の如くに読み上げる。富樫は恐れをなして関を通そうとするが、強力姿を装う義経を見咎める。義経の為、弁慶達が武力を示して通すように迫ると、富樫は折れて一行を通してしまう。その後、一行がひと休みしていると、富樫が現れ先程の非礼を詫び、酒を勧める。やがて弁慶が興を添える舞を舞うさなか、一行は立ち去り奥州へと下っていくのであった。


今参【いままいり/Imamairi】
 大名は新しい使用人を雇うことにし、家来である太郎冠者に探させることにした。冠者が大きな街道で待っていると、奉公志願の男が通りかかったので連れ帰る。道中、冠者は大名に気に入られるよう男に秀句(【しゅうく】:だじゃれのこと)をいくつか教える。対面した大名は男を気に入り、雇うことにする。さらに話す内、新参の男は秀句を交えることになるが・・・。

鎌倉能舞台「安宅」

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。