sHOWs meets OTOZUREのチケット情報

sHOWs meets OTOZUREのチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

sHOWs meets OTOZURE

THA BLUE HERBがContactに帰還

昨年9月からの延期経てTHA BLUE HERBが2年6カ月ぶりの登壇が決定。
前回、THA BLUE HERBがContactのメインフロアに登場したのは、2019年12月29日で、オーディエンスはILL-BOSSTINOの言葉に呼応する熱狂と静寂をもって、THA BLUE HERBの宇宙を十分に堪能した。この年には2枚組全30曲、フィーチャリングなしのセルフタイトル・アルバム「THA BLUE HERB」を発表。翌年7月には5曲入りのアルバム「2020」をリリースしている。そして、昨年のFUJI ROCK FESTIVALの雨のステージや、結成24周年記念“24時間生配信”、2月にリリースされたO.N.O 8年振りのソロアルバム「Duskrom」の発表など、注目されるトピックでリスナーを釘付けにしてきた。
THA BLUE HERBのライヴの魅力が、O.N.Oの電子音楽科学と、DJ DYEのフロアメイクに裏付けられた、多層的なサウンドと言葉の連続によるミニマリズムから発生される途方もないサイケデリアという一面を持っているのはいうまでもない。未体験のサイエンスフィクション、意味と意味の重なりが導く言葉と音の桃源郷。THA BLUE HERBの帰還、Contactのシステムの準備が整った。さらにメインフロアには、DJ QUIETSTORM、BAKU(KAIKOO)といったトップクラスに、90年代ヒップホップ ・パーティ “CLASSICS” 主催K-BOOGIE、東京に一つのモダン・ビートミュージック・シーンを創り出したCASHYことraudicaのビートライヴなど、この夜を燃焼しようと試みる熱狂的なヘッズの欲望に十分に応えうるラインナップが固める。

Contact HP

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。