早川奈穂子フォルテピアノリサイタル プレイエルとショパンの物語 vol.2 1845年製プレイエル のチケット情報 (兵庫県)

兵庫県の兵庫県立芸術文化センター 神戸女学院小ホールで行われる早川奈穂子フォルテピアノリサイタル プレイエルとショパンの物語 vol.2 1845年製プレイエルのチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、早川奈穂子フォルテピアノリサイタル プレイエルとショパンの物語 vol.2 1845年製プレイエルのチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

早川奈穂子フォルテピアノリサイタル

プレイエルは、音の強弱、色合い、質感が常に変化し
蝋燭の炎のような繊細さと魅力があり、異空間へと誘われる
-Producer R.P.Dias

このコンサートでは1845年製のプレイエル(No.11457)が使用される。プレイエルはショパンが最も愛したフランスのピアノメーカーで、晩年はこの楽器と同型のプレイエルで作曲していた記録が残っている。このプレイエルは英国王立音楽院博物館の名誉理事長Christopher Nobbs氏によって選定され、David Winston氏によって修復された。Winston氏はCobbe Collectionにあるショパンが晩年所有していたプレイエルや、ベートーヴェンが使用していたBroadwood、またイギリス王室所有のエラールの修復も任されたイギリスで信頼の置かれている修復家。また2019年には現在英国王立音楽院博物館やスウェーデン王室、ヨーロッパの著名古楽演奏家達のピリオドピアノコレクションの調整も担当しているMichael Parfett氏が来日、このプレイエルの調整を調律師阿部秀明氏と共に行った。ピアニストの早川奈穂子は現在日常的にプレイエルを弾く環境にあり、モダンピアノとは全く異なる感触と音に毎日触れることにより、新たな発見、価値観の変化に満ちた日々を送っている。プレイエルによるショパンの音楽、当時の音のニュアンス、高低バランス、余韻の違い、ショパンのペダル記譜に従ったプレイエルでの効果・・・CDでは聴くことができない空気を通した演奏をご堪能下さい。

早川奈穂子ホームページ

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。