県民のための能を知る会 7月 鎌倉公演・朝の部「俊寛」 平家物語と能 取り残される俊寛の絶望 のチケット情報 (神奈川県・2022/7/2(土))

2022/7/2(土)に鎌倉能舞台(神奈川県)で行われる県民のための能を知る会 7月 鎌倉公演・朝の部「俊寛」 平家物語と能 取り残される俊寛の絶望のチケット情報ページです。会場情報、開演時間や料金を確認し、県民のための能を知る会 7月 鎌倉公演・朝の部「俊寛」 平家物語と能 取り残される俊寛の絶望のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

県民のための能を知る会 7月 鎌倉公演・朝の部「俊寛」

2022年7月2日土曜日県民のための能を知る会鎌倉公演・朝の部は、平家物語を題材とした僧都俊寛の絶望をまざまざと見せる名曲「俊寛【しゅんかん/Shunkan】」を上演致します。鹿ヶ谷の陰謀を受け鬼界島に流された3人。そのうち俊寛だけが赦免されずに取り残され、絶望しながら船出を見送ることしか出来なかったやるせなさを感じられます。
狂言は臆病者の新発意【しんぼち】(仏門に入って間もない者)が小川を飛び越えられない様を面白おかしく滑稽に描いた名曲「飛越【とびこえ/Tobikoe】」を上演致します。
最初には国文学研究資料館名誉教授、小林健二氏の解説も御座います。
 能には、現代語訳をした字幕を場内3箇所のモニターに写し出し、わかりやすく解説致します

俊寛【しゅんかん/Shunkan】
 鹿ヶ谷での平家討滅の謀が露見し、法勝寺執行僧都俊寛(シテ)、平判官康頼(ツレ)、丹波少将成経(ツレ)の三人は、薩摩国鬼界島に流された。その後、中宮徳子の安産祈祷の為に大赦が行われた。相国清盛に仕える赦免の使者(ワキ)は康頼、成経に赦免を言い渡す為、鬼界島へと向かう。一方島では、康頼と成経が都にいた時のように日課にしている熊野詣の帰り道、水桶を携えた俊寛の迎えを受ける。三人は水を酒のように酌み交わし、現在の境遇を嘆きあう。するとその時、都からの使者の船が島に至り、大赦の知らせと赦免状を届ける。俊寛は喜び、康頼に赦免状を読ませる。しかし康頼と成経の名はあるが、俊寛とも僧都とも書かれていない。驚嘆した俊寛が赦免状を幾度となく読み返すさなか、使者から俊寛はひとり島に残せとの言伝を告げられる。使者はやがて康頼、成経のふたりを乗せ、出航しようとする。俊寛は必死に追いすがり、纜【ともづな】に手を掛け嘆願するも振りほどかれ、ひとり島に取り残される。船は次第に見えなくなり、心は挫け、憤る気力も失った俊寛は、ただ茫然と汀に立ち尽くすのみであった。

飛越【とびこえ/Tobikoe】
 茶の湯に招かれた男は、寺の新発意(仏門に入って間もない者)とふたりで出かけた。橋の無い小川にさしかかり、男は難なく飛び越えるが、臆病者の新発意はなかなか飛び越えられない。そこで男が戻ってきて新発意の手を取って一緒に渡ろうとするが・・・。

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。