県民のための能を知る会 7月 鎌倉公演・昼の部「小督」 平家物語と能 月下の嵯峨野に響く琴の音 のチケット情報 (神奈川県・2022/7/2(土))

2022/7/2(土)に鎌倉能舞台(神奈川県)で行われる県民のための能を知る会 7月 鎌倉公演・昼の部「小督」 平家物語と能 月下の嵯峨野に響く琴の音のチケット情報ページです。会場情報、開演時間や料金を確認し、県民のための能を知る会 7月 鎌倉公演・昼の部「小督」 平家物語と能 月下の嵯峨野に響く琴の音のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

県民のための能を知る会 7月 鎌倉公演・昼の部「小督」

2022年7月2日土曜日県民のための能を知る会鎌倉公演・昼の部は、月下に響く琴の音という美しい情景の名曲「小督【こごう/Kogou】」を上演致します。平清盛の娘・中宮との諍いから出奔し行方をくらませた小督の局と、帝の命によりそれを探しに出た源仲国が、八月十五夜、月下の嵯峨野にて昔なじみの局の琴の演奏により再会する、というあらすじとなっております。駒之段という、仲国が馬に乗って局の行方を探し求める場面も見所のひとつです。
狂言は、謡の上手い太郎冠者がその才を出し渋る様が滑稽な名曲「寝音曲」を上演致します。自分の才をタダでは発揮せず、のらりくらりと小出しにする様を面白おかしく描いた作品です。
最初には国文学研究資料館名誉教授、小林健二氏の解説も御座います。
 能には、現代語訳をした字幕を場内3箇所のモニターに写し出し、わかりやすく解説致します。

小督【こごう/Kogou】
 高倉天皇の寵愛を受けていた小督の局は、平清盛の息女の中宮の勢威を憚り、身を隠す。嵯峨野に局が居る事を知った帝は、行方を尋ねさせる為、弾正大弼源仲国(前シテ)の私宅へ勅使(ワキ)を遣わした。仲国は勅令を承り、御寮の馬に跨り急いで出立する。(中入)頃は八月十五夜、嵯峨野で局を探し廻る仲国(後シテ)は、法輪寺近くにて琴による想夫恋の調べを耳にした。仲国は、調べの主が小督の局(ツレ)であると察し、片折戸を叩いて名乗り、侍女(トモ)のとりなしで中へと入る。そして、仲国が帝の御書を局に渡し、その後返事を求めると、局は涙ながらにしたためる。返事を受け取り、すぐさま帰ろうとする仲国を局は引き止め、酒宴を催し名残を惜しむ。やがて仲国は舞を舞い、局を慰めた後、馬に跨り都へ帰っていくのであった。

寝音曲【ねおんぎょく/Neongyoku】
偶然太郎冠者の謡を聞いた主人は、冠者を呼び出し謡わせようとする。しかし冠者は、酒を飲まないと声が出ない、妻の膝枕じゃないと謡えない、などと勿体をつける。主人が酒を振る舞い、膝を貸してやると冠者はやっと謡い出すが…。

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。