藤井亜紀(ピアノ)&江口心一(チェロ) オール・ショパン・デ  第517回日経ミューズサロン のチケット情報 (東京都・2021/12/9(木))

2021/12/9(木)に日経ホール(東京都)で行われる藤井亜紀(ピアノ)&江口心一(チェロ) オール・ショパン・デ  第517回日経ミューズサロンのチケット情報ページです。会場情報、開演時間や料金を確認し、藤井亜紀(ピアノ)&江口心一(チェロ) オール・ショパン・デ  第517回日経ミューズサロンのチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

藤井亜紀(ピアノ)&江口心一(チェロ) オール・ショパン・デ 

世界を舞台に活躍し、「W100ピアニスト ジャンルを超えた女性演奏家たち」で紹介された藤井亜紀と、都響副首席チェリストで「高嶋ちさ子 with Super Cellists」メンバーも務める江口心一による “オールショパン”プログラム。ポーランドとの惜別の別れから二度とその土を踏むことが叶わなかったショパンの祖国への想いの結晶であるピアノ曲を経て、後半はショパンの生前最後に発表・出版され、人前でのラストステージで“盟友フランショーム”と演奏した稀有の名作「チェロソナタ作品65」をお送りします。胸を揺さぶられる響きに、ご期待ください!

藤井亜紀(ピアノ) Aki Fujii:
東京藝術大学卒業後渡独しミュンヘン国立音大大学院修了。ヨーロッパ各地で音楽祭やオーケストラ協演に多数出演。特にハンガリーでの出演が多く、2003年ソルノク市立交響楽団の定期演奏会に出演してよりプルミエールソリストとして毎年招聘されている。東京室内管弦楽団との共演(ソロ・室内楽)は、98年以来200公演を優に超えている。イギリスやブラジルの現代作曲家より作品を献呈され積極的に世界初演も行っている。聖徳大学音楽学部講師。

江口心一(チェロ)Shinichi Eguchi:
3歳よりヴァイオリンを始め8歳の時にチェロに転向。1991年3月に桐朋女子高等学校音楽科(共学)を卒業。同年8月にベルギーのブリュッセルに留学。92年フランスのパリ国立高等音楽院に首席で入学。97年同校で一等賞(プルミエ・プリ)を獲得。2000年より東京都交響楽団チェリスト。現在同交響楽団副首席を務める。ソロリサイタル、コンチェルトなどこれまでに数々のコンサートで演奏。同時に室内楽奏者としても活躍中。

日本経済新聞社主催のコンサート・オペラ・舞台

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。