篠原聖一 バレエ・リサイタルのチケット情報

篠原聖一 バレエ・リサイタルのチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

篠原聖一 バレエ・リサイタル

日本バレエ界を代表するダンスール・ノーブルとして活躍後、古典バレエの再演出・振付をはじめ、オリジナル作品を数多く発表。登場人物の心情や人間関係を浮き彫りにし、リアルな人間ドラマとして展開する演出に定評ある篠原聖一。
15世紀のパリを舞台としたヴィクトル・ユゴー『ノートルダム・ド・パリ』を原作とする本作「アナンケ 宿命」は、2015年大阪、2018年東京で上演され、演出・振付の篠原聖一はその成果により、平成30年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。昨年予定した再演は開催中止となり、本年、本作品を上演します。
既存のバレエ団では実現しえないキャスティング、篠原聖一による振付・演出作品をお見逃しなく!

その風貌では計れない心。本人さえもわからぬ心の闇。心の内の葛藤が複雑に絡み合う生々しい感情。
“宿命”に翻弄され、その悲劇的な結末に至るまでの登場人物それぞれの愛、清らかさ/醜さ、情熱/嫉妬、狂気を、現代にも起こりうる人間関係として描くオリジナル作品。

ーーー
日本バレエ界を代表するダンスール・ノーブルとして活躍後、古典バレエの再演出・振付をはじめ、オリジナル作品を数多く発表。登場人物の心情や人間関係を浮き彫りにし、リアルな人間ドラマとして展開する演出に定評ある篠原聖一。

15世紀のパリを舞台としたヴィクトル・ユゴー『ノートルダム・ド・パリ』を原作とする本作「アナンケ 宿命」は、2015年大阪にて初演し、2018年DANCE for Life公演にて東京で初演。
演出・振付の篠原聖一は、本作品の成果により、平成30年度文化庁芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。2020年秋、再演を予定するも開催中止となり、本年、再び本作品の上演にのぞみます。
 
出演は、篠原のミューズである下村由理恵を軸として、レベルの高いテクニックと音楽性・表現力を併せ持つダンサーたち。
オリジナルキャストの下村由理恵、山本隆之、佐々木大、前回公演に続けての出演となる浅田良和、下村由理恵バレエアンサンブルの大長亜希子をはじめ、これまでの DANCE for Life、篠原聖一の振付・演出に参加してきた今井智也、檜山和久、初参加となる川島麻実子を迎え、2021 年版「アナンケ 宿命」を上演します。

既存のバレエ団ではなし得ないキャスティングも見どころの1つです。篠原聖一による振付・演出作品をお見逃しなく!

篠原聖一 DANCE for Life FB
Seiichi + Yurie Ballet Ensemble & Studio
篠原聖一DANCEfor Life youtubeチャンネル

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。