<昼公演>鈴木茂・音楽研究所Vol.3のチケット情報

<昼公演>鈴木茂・音楽研究所Vol.3のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

<昼公演>鈴木茂・音楽研究所Vol.3

【ライブ配信・14時START】鈴木茂・音楽研究所Vol.3

今年からスタートし大好評の鈴木茂の音楽研究所、第3弾!
今回は客員研究員に岩沢幸矢(ブレッド&バター)と駒沢裕城(はちみつぱい)を迎え、
次代を担う若手助手とともに、それぞれの音楽ルーツを深掘り探求。
レジェンド3人の演奏+音楽談義は必見中の必見です。
国境や世代も超えた音楽の旅に鈴木茂所長が誘う、
まほろ座 新名物のシリーズ公演にご期待ください。

鈴木茂(すずきしげる)

1951年、東京都生まれ。
68年スカイを結成しプロデビュー。
69年、細野晴臣に誘われ、松本隆、大滝詠一とヴァレンタイン・ブルーを結成。翌年バンド名をはっぴいえんどと改名し、アルバム「はっぴいえんど」でデビュー。最年少メンバーとしてギターを担当。「花いちもんめ」などの曲ではボーカルを担当。アルバム『風街ろまん』『HAPPY END』を残し、72年末に解散したが、日本語の歌詞をロックのサウンドにのせる実験を進め、のちの音楽シーンに多大な影響を与えた。
解散後は細野、林立夫、松任谷正隆らとキャラメル・ママを結成し、周辺のミュージシャンを巻き込んでミュージシャン・プロデューサー集団のティン・パン・アレーへと発展的解消。75年単身渡米し、リトル・フィート、サンタナ、スライ&ファミリー・ストーンなどから腕利きミュージシャンを集め録音した初のソロ・アルバム『BAND WAGON』もまた歴史的名盤となった。その後も数々のミュージシャンのアルバムに参加し、プロデュース・作曲を手掛ける。ソロアルバムに、『LAGOON』『Caution!』『White Heart』『SEIDOYA』など。
2000年ティン・パン・アレーのメンバーだった細野、林立夫とともにTin Panを結成し、アルバム『Tin Pan』をリリース。08年に、70年代後半の活動を6枚のCDボックスにまとめた『鈴木茂 ヒストリー・ボックス/クラウン・イヤーズ1974-1979』をリリースした。卓越したテクニックと音楽的な幅の広さで日本ロック史を牽引し続ける天才ギタリストであり、ソングメーカーである。

鈴木茂公式ホームページ
まほろ座 MACHIDA

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。