能を知る会横浜公演「隅田川」のチケット情報

能を知る会横浜公演「隅田川」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

能を知る会横浜公演「隅田川」

2022年3月9日「能を知る会横浜公演」は、伊勢物語を題材に母子の別れを描いた名曲「隅田川【すみだがわ/Sumidagawa】」を上演致します。都・京都から遙々、当時は東の果てであったであろう隅田川まで子供を捜し求める母の情愛。桜の季節の子との別れ。桜が満開の隅田川のほとりで響き渡る念仏の声と、様々な情景が浮かぶ名曲です。
狂言は仙台の南を流れる名水・名取川を舞台とした名曲「名取川【なとりがわ/Natorigawa】」を野村萬斎師に演じて頂きます。様々な歌舞を僧が見せるという芸尽くしの曲となっています。
能には、現代語訳をした字幕を前方2箇所のスクリーンに写し出し、をわかりやすく解説致します。

隅田川【すみだがわ/Sumidagawa】
 頃は弥生、武蔵国隅田川のほとりで大念仏が行われる日、渡守(ワキ)が船客を待っていると、都からの旅人(ワキツレ)がやって来た。程なく都の狂女(シテ)も現れ、乗船を頼む。狂女が伊勢物語の東下りの歌を引き、余りにも我が子の行方に思いを馳せる為、渡守は憐れに思い船に乗せてやる。対岸に向かう途中、渡守は大念仏の仔細を物語る。大念仏の回向を受ける少年の名は梅若丸であると告げると、狂女は我が子のことだと泣き伏してしまう。対岸に着き、渡守は狂女を少年の墓に案内して回向を勧める。狂女が念仏を唱えていると、梅若丸の亡霊(子方)が現れる。必死に我が子へ追いすがるも、梅若丸は夜明けと共に消え失せる。狂女の眼前には、ただ茫々と草の生い茂る塚があるだけであった。

名取川【なとりがわ/Natorigawa】
 修行を終えた僧が、希代坊と不肖坊という二つの名をもらう。物覚えの悪い僧は、着物の両袖に名を書き、忘れないよう名前に色々な節をつけて謡いながら帰国の途に就く。途中とある川を渡ろうとするも深みに嵌り、両袖の名前が消えてしまう。慌てて川から名を掬おうとしている所に、土地の者が通りかかる。川は名取川といい、土地の者は名取の何某だと教えられ、勘違いした僧は…。

鎌倉能舞台「隅田川」

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。