能を知る会鎌倉公演1月昼の部「羽衣」 のチケット情報(神奈川県・2022/1/30(日))

2022/1/30(日)に鎌倉能舞台(神奈川県)で行われる能を知る会鎌倉公演1月昼の部「羽衣」 のチケット情報ページです。会場情報、開演時間や料金を確認し、能を知る会鎌倉公演1月昼の部「羽衣」 のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

能を知る会鎌倉公演1月昼の部「羽衣」 

2022年1月30日県民のための能を知る会鎌倉公演昼の部は、世界中に多種多様な形で語り継がれています“羽衣伝説”を題材としました名曲「羽衣【はごろも/Hagoromo】」を上演致します。嵐で天の羽衣を失った天人が、拾った漁師に報謝の舞を見せ、月へと帰って行くというのが本筋となっております。前半の羽衣を返して貰うまでのやりとり、後半の報謝の舞が見どころとなっております。
狂言は“謡“を主軸に主従のやりとりを描いた名曲、「二千石【じせんせき】」を善竹大二郎師に演じて頂きます。目に見えない謡であっても、語り継がれる大切な物であると言うことを感じて頂ければ思います。
 能には、現代語訳をした字幕をモニターに写し出し、より理解をしやすい公演となっております。

羽衣【はごろも/Hagoromo】
 三保の松原の漁夫 白龍【はくりょう】(ワキ)が、いつものように浜辺へ漁にやってくると、どこからともなく妙なる音楽が聞こえ、天からは花が舞い落ち、かぐわしい香りがたちこめてきた。見回すと、浜の松の木に美しい衣が掛かっていて、白龍がそれを持ち帰ろうとする。と、天人(シテ)が現われ、その衣は天人の羽衣であり、たやすく人間が手にできるものではないので返してほしいと頼む。白龍は一度は断りるが、羽衣が無くては天に帰れないと悲しむ天人に同情し、世に名高い天人の舞楽を見せてくれるのなら羽衣を返そうと提案する。天人は喜んで早速に羽衣を身にまとい、舞楽を奏でて、舞始める。天人の舞によって天上界さながらの光景となった三保の松原の春景色の中、天人は浦風にたなびきながら、浮島・愛鷹山【あしたかやま】・富士の高嶺へと徐々に空高く舞い上がる。やがて霞の中にまぎれ、はるか天空へと帰っていくのであった。
2013年に世界遺産に認定された、静岡県・三保の松原の羽衣伝説を題材にした名曲。

二千石【じせんせき/Jisenseki】
 無断で旅に出た太郎冠者が帰って来たと聞いた主人は、叱責しようと家へ赴く。冠者が京都見物をしたと詫びるので、
主人は許して都の様子を聞くと、冠者は都の流行謡を習ってきたと「二千石」の謡を聞かせる。すると主人は、二千石の謡いは
我が家にいわれのある謡なので無闇に謡うものではないと怒り、冠者を手討ちにしようとする。そこで冠者は…。

鎌倉能舞台「羽衣」

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。