新宿梁山泊 第71回公演『娼婦 奈津子』のチケット情報

新宿梁山泊 第71回公演『娼婦 奈津子』のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

新宿梁山泊 第71回公演『娼婦 奈津子』

彼女の名前は奈津子。都会を見下ろす高層マンションで高級娼婦をしている。
ある日、一方的に彼女に思い寄せる客に暴力を振るわれ、その客を殺してしまう。
罪に問われた彼女に母と義父、彼等が雇った弁護士は、予審で精神疾患による心身喪失による無罪を主張する。
しかし、自分は正常だと言い張り、法廷で弁護士を自ら外してしまう。
そんな奈津子の次の弁護人として李 義明が指名される。当初、李弁護士は奈津子の反抗抗的な態度に当初乗り気ではなかった裁判だったが、彼女が正常な判断力と知性を持っていること、そして心の奥底に秘密を抱えていることを知り、精神疾患として病院に送るのではなく、正式な裁判を受けさせることを決意する。そして法廷で暴かれていく彼女の幼少期の秘密とは…。
『娼婦・奈津子』は趙博が長年温めていた本作品のテーマ、一見普通に見える家族や法の歪みや影を新宿梁山泊の記念すべき第71公演の新作として書き下ろします!
テント公演の大作『ベンガルの虎』を終えた演出家・金守珍が法廷という密閉された舞台の本作品に生演奏を加え、斬新でエネルギッシュな演出でこの新作に挑みます!
観客の皆さんが下す判決はいかに!

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。