KUNIO10『更地』のチケット情報

KUNIO10『更地』のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

KUNIO10『更地』

太田省吾の『更地』に、新たな未来を立ち上げる───

演出家・杉原邦生は、本学在学中の2004年に立ち上げた、自身が主宰するプロデュース公演カンパニーKUNIOでの活動を軸に、コンパクトな小劇場空間からダイナミックな中・大劇場空間まで自在に行き来し、扱う題材もギリシャ悲劇、歌舞伎など国内外の骨太な古典演目から新作現代劇までヴァラエティに富み、まさに八面六臂の活躍をしています。2021年3月『藪原検校』では春秋座芸術監督である四代目市川猿之助を主演に迎え、井上ひさしの傑作戯曲を現代の物語として大胆に甦らせた杉原が、大学時代の恩師でもある劇作家・演出家、太田省吾の代表作のひとつ『更地』を上演します。

東日本大震災の翌年、KYOTO EXPERIMENT2012にて本作をはじめて演出。戯曲の設定と異なる若い俳優をキャスティングすることで、二人の男女が「未来」の希望へと向かう新たな物語として再創造し、大きな注目を集めました。今回は夫婦役に、安定した演技力で舞台での活躍が目覚ましい南沢奈央と、『オレステスとピュラデス』(杉原邦生演出)でのタイトル・ロールも記憶に新しい濱田龍臣を迎えます。

コロナ禍における社会状況の変化に伴い、常識が覆され、価値観が揺さぶられているいま、若手実力派キャストとともに演出家の原点ともいえる本作を再び世に問います。

京都芸術劇場ホームページ

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。