銕仙会のチケット情報

銕仙会のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

銕仙会

古典のその先へ。目指すのは、いまの時代に生きる能。観世流の演能団体銕仙会が、近現代の課題を描く新作能2作品を日替わり上演!

「長崎の聖母」と「ヤコブの井戸」(日本初演)は、現代の観客のための能です。
中世から続く能のテーマ「人間の生と死」に匹敵する現代のテーマは「平和と差別」を問うことと言ってよいかもしれません。「長崎の聖母」は原爆投下を描き、近代科学技術が産み落とした核兵器の悲惨を訴えます。「ヤコブの井戸」は、異なる民族が砂漠で水を分け合うという新約聖書の一説を元に2019年に国際共同制作、世界中で続く諍いの和解への 可能性を描きます。
今回は、能楽堂ではなく現代演劇の空間、座・高円寺で上演。シテと演出を観世流演能団体・銕仙会のメンバーである清水寛二が勤めます。そして、劇作家・演出家の佐藤信(演出協力)や映像の飯名尚人が加わり、「長崎の聖母」の聖歌をメゾソプラノ歌手の波多野睦美が歌い、「ヤコブの井戸」には初演に出演した欧州の俳優が参加するなど、新しい能の表現をお見せします。

「長崎の聖母」4日(水)19時、7日(土)18時、8日(日)14時。
「ヤコブの井戸」5日(木)19時、6日(金)14時、7日(土)14時。

銕仙会 新作能「長崎の聖母」「ヤコブの井戸」

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。