能を知る会鎌倉公演11月昼の部「楊貴妃」のチケット情報(神奈川県)

神奈川県の鎌倉能舞台で行われる能を知る会鎌倉公演11月昼の部「楊貴妃」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、能を知る会鎌倉公演11月昼の部「楊貴妃」のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

能を知る会鎌倉公演11月昼の部「楊貴妃」

2021年11月3日県民のための能を知る会鎌倉公演・昼の部は、世界三大美人のひとりといわれております楊貴妃が主役の名曲、「楊貴妃」を上演致します。長恨歌を題材としました、唐の玄宗皇帝と楊貴妃との睦言を描いた名曲です。貴妃と玄宗皇帝の間に交わされた言葉、貴妃が身につけていた形見の釵【かんざし】、思い出の霓裳羽衣の曲の舞いと、随所に男女の恋慕の情が見える曲となっています。
狂言は古典的な狂言の一曲、「金藤左衛門」を大藏吉次郎師、大藏教義師親子にお勤め頂きます。間抜けな山賊と強い女性の構図が面白い曲となっています。
能にはわかりやすい字幕解説を備え付けのスクリーンに映し出し、初心者でも楽しめる公演となっております。

楊貴妃【ようきひ/Youkihi】
 唐の玄宗皇帝は、馬嵬【ばがい】の原で失った愛妃、楊貴妃(シテ)の事を忘れられず、宮廷に仕える方士(ワキ)[仙術使い] に命じて楊貴妃の魂魄を探させた。方士は天上から黄泉までも尋ね廻り、ついに常世の国にある蓬莱宮に到った。蓬莱の住人(アイ)に教えられるまま、方士が太真殿に近づき楊貴妃の在宅を問うと、美しい帳【とばり】を押しのけて楊貴妃本人が現れる。方士が帝の嘆きを伝えると、貴妃も悲嘆に沈む。やがて、方士が貴妃と会った証に形見の品を願うと、貴妃は玉の簪を与える。しかし方士は、このようなありふれたものではなく、帝との密かな契の言葉を承りたいと伝えると、貴妃は、七夕の夜に交わした比翼連理の契の言葉を漏らす。程無くして方士が帰ろうとすると、貴妃は引き留め、上界の仙女であった身の上を語り、霓裳羽衣【げいしょううい】の曲を舞ってみせる。その後、方士は貴妃から賜った簪を携えて都へ帰り、貴妃は追慕の涙に沈みながら蓬莱宮に留まる。

金藤左衛門【きんとうざえもん/Kintouzaemon】
 雲の上の金藤左衛門、という山賊がいた。金藤左衛門は通りすがりの女を長刀で脅し、持ち物の袋を奪い取る。袋から小袖や帯を取り出して喜んでいる間に、女に長刀を奪われて逆に脅されて…。

楊貴妃

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。