能を知る会鎌倉公演 10月 朝の部「梅枝」のチケット情報

能を知る会鎌倉公演 10月 朝の部「梅枝」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

能を知る会鎌倉公演 10月 朝の部「梅枝」

2021年10月6日県民のための能を知る会鎌倉公演・朝の部は、楽人同士の諍いから命を奪われた夫への執心を太鼓にのせる名曲「梅枝」を上演致します。能「富士太鼓」の後日談、富士の妻が亡霊として出てくるという夢幻能となっております。舞台上に据え置かれた「鞨鼓台」に夫の形見の衣を取り付け、その衣を後場で身につけて舞を舞うという演出になっている珍しい曲でもあります。亡霊を呼び出すための舞台装置としてのワキが、日蓮宗の僧という設定も珍しいです。
解説は鎌倉の日蓮宗のお寺、安国論寺の御住職・平井智親氏に日蓮聖人のお話しをして頂く予定となっております。
狂言は、野村萬斎師に秋の名曲「萩大名」をお勤め頂きます。
能にはわかりやすい字幕解説を備え付けのスクリーンに映し出し、初心者でも楽しめる公演となっております。

梅枝【うめがえ/Umegae】
 甲斐国身延山の僧(ワキ・ワキツレ)が諸国行脚の途中、摂津国住吉で村雨にあった。近くの庵に泊めて貰えることになり、ふたりが庵の中に入ると中には太鼓と舞の衣装が飾ってある。不審に思った僧は、庵の主の女(前シテ)にいわれを訊ねる。すると女は、天王寺の楽人の浅間と宮中の雅楽の役を争い、討たれてしまった住吉の楽人・富士の妻と、富士の形見の太鼓の哀れな話を語る。そして自分が富士の妻であると仄めかし、執心の苦しみを述べ、消え失せる。(中入)僧が法華経を読誦し回向をしていると、富士の妻の霊(後シテ)が夫の形見の衣装を身につけて現れる。妻は懺悔の為に昔を語り、様々な舞を舞うが、己が身を嘆いて泣き沈む。やがて、女は明け方の薄明かりの内に姿を消すのであった。

萩大名【はぎだいみょう/Hagidaimyou】
 長らく在京している田舎大名は、余りに退屈なので太郎冠者と相談をし、萩が見頃のとある庭園へ見物に行くことにした。その庭の亭主が見物料代わりに、当座(即席で和歌を一首詠ませること)をさせると知る冠者は、あらかじめ和歌を大名に教える。大名は、冠者から歌をなんとか教え込まれるが、いざ庭に赴き亭主と萩を眺めていると…。

梅枝

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。