サンソンールイ16世の首を刎ねた男ーのチケット情報

サンソンールイ16世の首を刎ねた男ーのチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

サンソンールイ16世の首を刎ねた男ー

稲垣吾郎が18世紀パリに実在した死刑執行人に 『サンソン-ルイ16世の首を刎ねた男-』の上演が決定!

2021年4月~6月、東京・大阪・福岡にて、稲垣吾郎主演による舞台『サンソン-ルイ16世の首を刎ねた男-』が上演されることが決定した。1月に舞台『No.9-不滅の旋律-』で、3度目のベートーヴェン役を演じた稲垣吾郎。人々の記憶に“稲垣吾郎ベートーヴェン”が定着したかと思う間もなく、今回、新たな役に挑戦する。それは18世紀パリに実在した死刑執行人シャルル=アンリ・サンソン。パリで4代目の死刑執行人として激動のフランス革命期を生きた人物で、実話をベースに物語が描かれる。稲垣が演じるシャルル=アンリ・サンソンは、熱心なカトリック教徒であり「人間の生死を決められるのは神だけではないのか」、「死刑制度はなくさなければならない」と自問自答しつつ、自らの職務をまっとうしていた。世間からは忌み嫌われていたが、内心は完全なる死刑廃止論者で、当時、死刑は貴族なら斬首、一般庶民なら絞首というように、身分によって処刑の仕方が異なっていたが、サンソンは平等思想の観点からも身分の差が苦痛の差にならないよう、「誰にでも平等に苦痛を感じさせない死を」とギロチン(断頭台)の発明に一役買った人物でもある。その後、ギロチンの発明により処刑のスピードが上がり、サンソンは世界で2番目、総計2700名もの死刑を執行することになった。シャルル=アンリ・サンソンは医師でもあったため、死刑執行人という運命を生きる彼の内面には常に「葛藤」がうごめいていた。冷静沈着さの奥底で、人間の存在の生死にまつわるその「葛藤」を稲垣が全身全霊で表現する。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。