小倉貴久子《フォルテピアノの世界》第3回のチケット情報

小倉貴久子《フォルテピアノの世界》第3回のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

小倉貴久子のシリーズコンサート《フォルテピアノの世界》
さまざまな時代や地域で生まれた作品を当時の鍵盤楽器とともにお届けします!

G.ジルバーマンはザクセン地方におけるオルガンづくりの名工でした。イタリアのクリストーフォリを基にフォルテピアノの製作を始め、J.S.バッハからこの進取の楽器についての意見を仰ぎます。バッハは1747年にポツダムのフリードリヒ大王に謁見した際、改良されたジルバーマンのフォルテピアノを気に入り即興演奏をしています。
タンゲンテンフリューゲルは、タンジェントを飛ばして発音させるアクションで、久保田彰氏の製作した楽器は、J.S.バッハの友人Ch.G.シュレーターの考案図を元に復元させたものです。1717年にドレスデンで発明したという彼の主張が正しいとすれば、バッハのごく近くでタンゲンテンフリューゲルの試作が行われていたことになります。
J.S.バッハと関係の深い2台の打弦鍵盤楽器を弾き分けてのJ.S.バッハの傑作《ゴールドベルク変奏曲》をお楽しみいただきます。

小倉貴久子のオフィシャルサイト

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。