ミレーから印象派への流れ展のチケット情報

ミレーから印象派への流れ展のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

ミレーから印象派への流れ展

フランス19世紀のミレー、コローなど写実主義からモネ、ルノワール、セザンヌなど印象派への流れを英国国立ウェールズ美術館、フランスのトマ=アンリ美術館などの所蔵作品約70点で展覧。

パリ郊外のバルビゾン村に移り住み、風景や田園生活を描いたバルビゾン派の主要な画家であるジャン=フランソワ・ミレー(1814-75)は、大地に根づいた農民の日々の営みを描き出しました。明治時代の初期に日本で紹介されて以来、ミレーの描く真摯に働く人々の姿は私たちに深い感銘を与えています。歴史画が正統派絵画とされていた時代に風景を主題として描いたバルビゾン派の画家たちの革新的な試みは、モネ、ルノワール、セザンヌなど印象派の画家たちにも引き継がれました。さらに続く、モーリス・ドニやピエール・ボナールなど印象派以降の画家たちは、20世紀絵画への道筋を切り拓いてゆきます。
本展は、「1章 ミレーから写実主義」「2章 モネと印象主義」「3章 印象派以降」の3章にわけ、フランス近代絵画の流れを眺望します。

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。