東京カンマーフィルハーモニー 第21回定期演奏会のチケット情報

東京カンマーフィルハーモニー 第21回定期演奏会のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

東京カンマーフィルハーモニー 第21回定期演奏会

東京カンマーフィルハーモニーは小さな編成の室内管弦楽団です。メンバーひとり一人が「自分の音」を出し、お互いの音を聴き合い、共感しながらハーモニーを創っていく。そんな、大きなオーケストラでは味わえない室内楽的な愉しみと喜びを追求するアマチュア奏者たちが集まって結成しました。
第21回となる今回は、ソリストに東京交響楽団アシスタント・コンサートマスターの廣岡克隆氏をお迎えし、ブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏いたします。前半は、メンデルスゾーン 交響曲第1番というプログラム、小編成だからこそのアンサンブルをお楽しみください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

ヴァイオリン:廣岡克隆

兵庫県神戸市出身。3歳よりヴァイオリンを始める。
1993年東京芸術大学に入学。
1994年オーディションに合格し、ABCフレッシュコンサートに出演。
1996年兵庫県3ヶ所においてリサイタルを行なう。その結果により神戸灘ライオンズクラブ音楽賞受賞。
同年2月よりニューイングランド音楽院(米国・ボストン)へ留学。
1997年神戸においてリサイタルを行う。
1998年東京芸術大学卒業。在学中、安宅賞受賞。
同年アシスタント・コンサートマスターとして東京交響楽団に入団。
現在、東京交響楽団での活動を中心に、大阪フィル、京都市交響楽団、神奈川フィル、仙台フィル、琉球交響楽団など、多数のオーケストラに、コンサートマスターとして客演している他、ソロ、室内楽等の活動も積極的に行っている。
2004年からは東海大学において、後進の指導にもあたっている。

東京カンマーフィルハーモニー

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。