若村麻由美『古典を今に』<アーカイブ配信>アトリエ花習のチケット情報

若村麻由美『古典を今に』<アーカイブ配信>アトリエ花習のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

若村麻由美『古典を今に』<アーカイブ配信>アトリエ花習

若村麻由美「古典を今に」曽根崎心中より 観音巡り 他

作  近松門左衛門
演 出 笠井賢一
出 演 若村麻由美
吹き物 設楽瞬山
打ち物 橘政愛
※令和2年度文化芸術活動継続支援事業

若村麻由美「古典を今に」は、現代と近松門左衛門が描いた江戸を行き来する試み。
元禄16年(1703)4月7日大阪曽根崎で実際に起きた若き男女の心中事件を元に近松門左衛門が脚色。事件から僅か一ヶ月後に上演された「曽根崎心中」は、近松初の世話浄瑠璃として大ヒット。純度の高い命をかけた恋物語が心中物流行の端を発した。
しかし、317年の時を経た今、冒頭の大阪三十三所「観音巡りの場」は、文楽や歌舞伎で通常上演されることはない。
今作では、当時から今に続く大阪三十三所を若村麻由美が巡る映像と、ゆかりの大阪お初天神(露天神)で、観音巡りを奉納上演する映像がオーバーラップし、さらに「この世の名ごり。夜もなごり…」の名文で始まる道行の場から、心中の場の結末「未来成仏うたがひなき恋の手本となりにけり」までを原文一人語りとして映像配信する。

演出の笠井賢一は、古典芸能と現代演劇を結ぶ活動として、現代を代表する俳優若村麻由美の語り芝居で、日本演劇の源泉である『平家物語』の「小宰相身投」を原典上演し高い評価を得た。近松門左衛門作品にも40年以上取り組んでいる。

※関連作品
曽根崎心中全文の語り芝居「若村麻由美の劇世界」青山・銕仙会能楽研修所にて、12月17日・18日に公演 ▶︎ https://www.mwo-select.com/

アトリエ花習「若村麻由美の劇世界 原文による語り芝居-曽根崎心中」
若村麻由美 最新公演情報サイト「麻由美セレクト」
トライストーン・エンタテイメント 若村麻由美オフィシャルサイト

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。