大綱引の恋のチケット情報

大綱引の恋のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

大綱引の恋

“これは、覚悟を決めるための愛の物語” 10月30日(金)鹿児島先行公開スタート!
鹿児島県薩摩川内市に420年続く勇壮な“川内大綱引”(せんだいおおつなひき)に青春をかける鳶(とび)の跡取りと、甑島の診療所に勤務する韓国人女性研修医との切ない恋、そしてその二人を取り巻く家族模様を描く、「結婚とは?」「家族とは?」に迫る感動の物語。
日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞するなど演技力の評価が高く、NHK朝ドラで印象的な応援団長役を演じた三浦貴大と、元韓国アイドルグループKARAのメンバーで、日本で女優としての実績を着実に積み重ねてきた知英の初共演。また、NHK朝ドラで主演を務めるなど、出演作が目白押しの比嘉愛未ほか、石野真子、松本若菜、西田聖志郎、朝加真由美、升毅など実力派が多数出演。ご当地鹿児島出身の恵俊彰、沢村一樹が友情出演して彩りを添えている。

有馬武志 (三浦貴大) は、35歳にして奥手の独身。鳶 (とび) の親方であり “大綱引” の師匠でもある父・寛志 (西田聖志郎) から常々「早う嫁を貰うて、一人前になれ。」とうるさく言われている。とある日、ふとした事件で韓国人女性研修医・ジヒョンと出会った武志は、大学で韓国語を学んでいたこともあり次第に心を通わせるようになる。その頃有馬家では、母・文子 (石野真子) が定年退職を宣言し女将も家事も放棄したため、妹・敦子 (比嘉愛未) も含め家族の皆が四苦八苦する。一方、年に一度の一大行事 (大綱引) が迫る中、武志はジヒョンから「あと二週間で研修期間が終わり、帰国しなければならないの…」と告げられる。 果たして海を越えて離れ離れになる二人の恋のゆくえは?
数々の家族愛をテーマにした名作を世に送り続けてきた佐々部清監督の、渾身の遺作。

映画「大綱引の恋」公式ホームページ

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。