滋賀県出身ピアニスト久野久に寄せてvol.2のチケット情報

滋賀県出身ピアニスト久野久に寄せてvol.2のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

久間あゆみピアノリサイタル「滋賀県出身ピアニスト久野久に寄せてvol.2“西の異境へ、託した願いと散った想い”」

ピアニスト久野久(くのひさ)に焦点をあてたピアノリサイタル。
久野久は滋賀県大津市出身で、明治時代から大正時代にかけて活躍した。中村紘子著「ピアニストという蛮族がいる」等にも登場する。事故で体に障がいを持ったが、ピアノに情熱を注ぎ、東京音楽学校(現在の東京藝術大学)の教授にまで上り詰めた。
≪ベートーヴェンの午后≫という題の演奏会を開催し、全国に名を広めた。≪告別演奏会≫という題の演奏会を開催したのちに、ウィーンに留学した彼女は、翌年自殺を図る。享年38歳。時代に翻弄されたピアニスト。
時を経て、彼女の故郷である滋賀県で、彼女の愛したベートーヴェンを演奏する。
2020年に「滋賀県出身ピアニスト久野久に寄せてvol.1“不動のピアニストへ”」と題し、≪ベートーヴェンの午后≫のプログラム(「悲愴」「月光」「テンペスト」「ヴァルトシュタイン」「熱情」の計5曲)を再現した。
2021年の本公演では、≪告別演奏会≫のプログラム(「告別」「ハンマークラヴィーア」「ピアノソナタ第31番」「ピアノソナタ第32番」の計4曲)を演奏予定。
※当日、曲目の変更の可能性がございます。

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。