小池耕平/仏蘭西のリコーダー音楽[東京](振替公演)のチケット情報

小池耕平/仏蘭西のリコーダー音楽[東京](振替公演)のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

小池耕平/仏蘭西のリコーダー音楽[東京](振替公演)

フランスものでだけでプログラムを組むことにした時に共演者として真っ先に思いついたチェンバロ奏者は曽根麻矢子でした。現在この日本でフランス・バロックの作品を演奏するのに彼女以上の人は考えられません。
リコーダーとチェンバロによって奏でる1700年代初頭のフランス音楽をお楽しみください。

ドイツのリコーダー製作家ネッチュ Netsch が作ったデュピュイ Dupuis モデルのヴォイス・フルート(アルト・リコーダーより短3度低いD管のリコーダー)を入手した事もあって、久しぶりにフランス・バロックだけを取り上げる事にしました。
デュピュイについて詳しいことはわかっていませんが、17世紀末にパリで管楽器を製作していたようで、アルト2本、テナー2本、バス1本の3種類のリコーダーとオーボエ1本が現存しています。どの楽器も独特の曲線を描いた象牙のジョイントに黒っぽいドットを埋め込んだ装飾がされた特徴的な形状をしています。
ネッチュは繊細な細工を得意とする製作家で、このヴォイス・フルートは故フランス・ブリュッヘンのコレクションにあるテナー・リコーダーを基にしています。元になった楽器の問題点を上手に改変しつつも、重要なところは変えずにサイズ変更してあります。幅が狭いラビュームから出てくる音は高い密度を持ちながらも決して痩せてはおらず、ふんだんに付けられた象牙による力強さを持った、特別な音色のリコーダーです。ドルネルとオトテールの曲で使用します。
シェドヴィルとフィリドールのソナタで使うアルト・リコーダーは木下邦人のステインズビィ Stanesby モデル、クープランでは譜久島譲が作ったテルトン Terton モデルのソプラノ・リコーダーを使います。(ピッチは全てa’=415Hzです)
リコーダーとチェンバロによって奏でる1700年代初頭のフランス音楽をお楽しみください。

小池耕平 Flauto diritto
オフィスアルシュ

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。