東京クラリネット・クワイアー第34回演奏会のチケット情報

東京クラリネット・クワイアー第34回演奏会のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

東京クラリネット・クワイアー第34回演奏会

東京クラリネット・クワイアー 第34回演奏会 紀尾井ホール 大小クラリネットのみ6種類を使った世界でも珍しいクラリネット合奏団。2020年3月に8回目のウィーン公演を終えたばかり!ウィーンの薫りをお届けする演奏です♪モーツァルトの交響曲をメインに、ワルツやポルカ、バッハのオルガン曲までクラリネットのみで演奏します!

東京クラリネット・クワイアーは、アマチュアによるクラリネット・オーケストラです。
クラリネット奏者 稲垣征夫氏の提唱により、同氏を主宰・指揮者として1986年に結成。当初は門下生を中心に15人で始めましたが、現在は常時50名ほどが参加しています。団員の経歴・職種は多様で、一般社会人・主婦・大学生・音楽大学卒業生など様々。

TCCの活動に触発され、国内各地にクラリネット・クワイアーが発足。各地の団体と交流が行われ、東京での演奏会には 全国各地から数十名のメンバーが駆けつけ一緒に演奏を楽しんでいます。 また、我々の活動に触発され、ウィーンにもクラリネットクワイアーが誕生しています。

使う楽器は大小さまざまなクラリネット。大きなのは人の身長より遥かに大きいです。
通常は、Ebクラリネット、Bbクラリネット、Ebアルトクラリネット、 Bbバスクラリネット、 Ebコントラアルトクラリネット、Bbコントラバスクラリネットの6種類のクラリネットで演奏しています。

レパートリーは管弦楽序曲と交響曲、ピアノ曲やオルガン曲、ワルツやポルカなど。
舞台上にいるはずがない金管楽器やフルート、オーボエ、打楽器、パイプオルガン等が出現したような演奏をクラリネット属のみで表現することを楽しみとしています。

毎年春の定期演奏会と「TCC PRESENTS」と称したミニ・コンサート、東京国立博物館での演奏を中心に活動。
これまでに、ベルギー公演、7度のウィーン公演をはじめ、神奈川、高知、高松、北海道、大阪、金沢、三重、山梨 等で演奏を行なっています。 また演奏会のCDもリリースしております。
2020年3月に第8回目のウィーン公演をウィーンコンツェルトハウスにて行う。現地にも沢山のファンをもつ団体となっています。

TCCホームページ
facebook

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。