ライブシネマ「怪獣の教え THE FINAL」のチケット情報(横浜)

横浜の横浜赤レンガ倉庫1号館 3Fホールで行われるライブシネマ「怪獣の教え THE FINAL」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、ライブシネマ「怪獣の教え THE FINAL」のチケットを簡単にオンライン予約・購入できます。

ライブシネマ「怪獣の教え THE FINAL」

「これが最後だ。2020年、遂に「怪獣」が襲来する。」

2015年 11 月に横浜赤レンガ倉庫で上演された映画監督・豊田利晃の初舞台作品「怪獣の教え」 は、ライブと舞台と映画が融合された新しい空間を演出し、大盛況のうちに終了。その後2016年に会場を六本木ブルーシアターに拡大して公演。そしてついに「怪獣の教え THE FINAL」が3度目の公演でファイナルを迎える。2020年の今、「怪獣」の衝撃を体感できるラストチャンスだ。

【物語】
小笠原諸島の青い海。海の上を漂う一隻の船。船の上には二人の男。国家の秘密を暴露して、政府から追われる天作(窪塚洋介)。パラダイスで生きることの葛藤を胸に抱く、島育ちの大観(渋川清彦)。天作は東京で事件を起こし、島へ逃げてきた。従兄弟の大観に船を出してくれるように頼んだ。何か事件を起こして無人島にでも隠れるだろう、と大観は思っていた。しかし、天作の目的は別にあった。祖父から教えられた、『怪獣』を蘇らせることだった。一隻の 船に乗り込むと二人は海へ出る。昨晩、二人はひとりの女性と会った。世界の島を転々としながら暮らす、アイランドホッパーのクッキー(芋生悠)。クッキーは怪獣の教えの秘密を知っていた・・・・・。

演出・脚本・映像:豊田利晃 出演:窪塚洋介 渋川清彦 芋生悠
音楽:TWIN TAIL 中村達也(Dr)ヤマジカズヒデ(Gt)青木ケイタ(Sax&Fl)/GOMA(Didgeridoo) 
音響:ZAK 美術:杉本亮 舞台照明:高田政義 舞台監督:庄山彰浩 装飾:渡辺大智 劇中映像撮影:重森豊太郎/豊田利晃 劇中映像照明:中須岳士 VFX:道木伸隆 編集:村上雅樹 衣装:伊賀大介 ヘアメイク:徳田芳昌 
怪獣デザイン:ピュ~ぴる 宣伝美術:大橋修 宣伝スチール:菊池修 宣伝広報:筒井史子 
サウンドアドバイザー:堀江博久 音楽プロデューサー:藤井努 制作:久永光
アシスタントプロデューサー:小野寺隆一 プロデューサー:出原知之
主催企画制作:IMAGINATION

IMAGINATION

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。