TRASHMASTERS vol.31 「対岸の絢爛」のチケット情報

TRASHMASTERS vol.31 「対岸の絢爛」のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

これは対岸で起こっていることか、はたまた私たちの世界の話か

(文章・中津留章仁 ※部分抜粋。全文チラシ掲載)

憲法にある

公共の福祉とは何か。

それを時々考える。

それでも
僕たちの選んだ政府で
貧富の格差は増し
表現の自由は侵され
汚職は闇へと消え
自然災害で町が崩壊する中で
迅速な対応もできず
財務省は赤字国債を発行する。

あの祭りの後には
どんな日本が待っているのか。

この国は正しき方向に
進んでいるのだろうか。

遠くなる。

僕の国が遠くなる。


僕は非正規雇用者だ。
ようやく仕事にも慣れてきたというのに
僕の働く倉庫が
なくなるかもしれない。
僕の住む街で
カジノを含むIR施設が
作られようとしているからだ。

この決断は
公共の福祉にとって
本当に有益なものといえるのだろうか。

僕はこの街を守りたい
自分の生活を守りたい
そう思えば思うほど
怒りに震え
よからぬことが
頭をよぎる。

それは結局
誰かを殺さなければ
自分の身は守られないのではないか
という仮説だ。

何かを守ろうとする思いは
誰もが持ち合わせるが
とても厄介だ。

当然である。

戦争だって
平和を守るために
行なっているのだから。

わかっている。
どうせ国や自治体の決定には
逆らえないことは
わかっているのだ。

ならば
いつものように
反対運動の署名をし
SNSなどで反論や不満を語り
やるだけのことはやったと
自分に嘘だけはつかないと
そういう理屈で己を守り
今日をまた
生きてみようか
世の中の流れに抗えない己を
惨めに感じないように。

WEB
twitter
facebook
Instagram

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。