東京カンマーフィルハーモニー 第20回定期演奏会のチケット情報

東京カンマーフィルハーモニー 第20回定期演奏会のチケット情報ページです。日程、会場情報や料金を確認し、チケットの簡単オンライン予約・購入ができます。

東京カンマーフィルハーモニー 第20回定期演奏会

東京カンマーフィルハーモニーは小さな編成の室内管弦楽団です。メンバーひとり一人が「自分の音」を出し、お互いの音を聴き合い、共感しながらハーモニーを創っていく。そんな、大きなオーケストラでは味わえない室内楽的な愉しみと喜びを追求するアマチュア奏者たちが集まって結成しました。第20回となる今回は、ソリストに海瀬京子さんをお迎えし、シューマンのピアノ協奏曲をお届けします。後半は、シューマン交響曲第3番「ライン」というプログラム、小編成だからこそのアンサンブルをお楽しみください。皆様のご来場を心よりお待ちしております。

<ピアノ 海瀬京子プロフィール>
静岡県伊豆の国市出身。5歳よりピアノを始め、西島淑恵、高原節子、塩谷安圭美、播本枝未子、倉沢仁子、故エレーナ・ラピツカヤ、マルクス・グロー、ゲオルク・サヴァの各氏に師事。
東京音楽大学付属高校、同大学を経て同大学院修了。ドイツ国立ベルリン芸術大学に留学、Diplom、Konzertexamen(ドイツ国家演奏家資格)取得。2007年度より2010年度まで(財)ロームミュージックファンデーション奨学生。2012年度文化庁新進芸術家海外研修制度研修員。
2004年、第28回ピティナ・ピアノコンペティション特級準金賞。併せて聴衆賞、ロイズ賞、三井ホーム賞、王子賞を受賞。2005年、第74回日本音楽コンクールピアノ部門第1位。併せて野村賞、井口賞、河合賞を受賞。2010年、第17回アルトゥール・シュナーベルコンクール第1位。第26回ポルト市国際音楽コンクール第3位。2012年、第14回アレクサンドル・スクリャービン国際ピアノコンクール(イタリア)第2位他入賞多数。
これまでに東京交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、セントラル愛知交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、群馬交響楽団、東京音大シンフォニーオーケストラ、ポルト交響楽団等と、矢崎彦太郎、現田茂夫、松尾葉子、広上淳一、横島勝人、工藤俊幸、エイドリアン・リーパー等の各氏と共演。
日本国内やヨーロッパを中心に、各地でソロリサイタルや室内楽の演奏会にも多数出演。
2015年3月にベルリンより完全帰国し、7月より拠点を置く伊豆の国市の「いずのくに大使」に就任。
全国各地でのコンクール審査員、アドバイザーとしても活躍、現在東京音楽大学・常葉大学にて非常勤講師。

東京カンマーフィルハーモニー HP
海瀬京子 HP
海瀬京子後援会

スマチケ

スマホから申し込むと「スマチケ」受取りが可能です。

この公演は「スマチケ」受取り可能です。

ご注意

  • 公演内容は予告なく変更する場合があります。お申し込みの前にいま一度内容をご確認ください。
  • 受付状況はリアルタイムに反映されない場合があります。
  • 公演期間は最も早い日付と最も遅い日付を表示しています。期間内毎日公演があるという意味ではありません。